外国人が日本のカードを作る時の基準

外国人は日本のカードが作れないはウソ。審査の基準はココにある

国際化社会の現代、日本にも海外から留学生やビジネスで様々な国籍の外国人が来ています。出張や短期留学ならばそれほど気にならないかもしれませんが長期滞在する場合はやはり日本用のクレジットカードが欲しいもの。しかし外国人だからという理由で審査に落ちたなどというような話もしばしば耳にします。外国人は日本でクレジットカードを作れないのでしょうか。

「外国人だからクレジットカードの審査に落ちた」という話、半分は正しいのですが半分は正しくありません。これは日本に限らずどこでもそうですがカード会社が外国人へのカード発行に慎重になる理由は支払いが終わる前に帰国してしまって連絡が取れなくなることを回避する為です。このような事例は世界で多く発生していることからカード会社は自国民以外へのクレジットカードの発行に慎重になるのです。

ですから外国人であることを理由にカードが作れない、ということはありません。日本でクレジットカードを作ろうとした場合、自国と同様に信用実績が必要になります。収入の安定、確実な連絡先、また日本での勤務実績や滞在年数、それから身分証明書として『外国人登録証明書』が必要になります。この時証明書の記載内容とカードの申込書に食い違いがあると審査に不利になるので注意が必要です。またそのようなことがあった場合の説明ができる、カードの申込書書類や会員規約を理解できる程度の日本語が最低限必要になります。逆に一見有利に見える永住権や日本人のパートナーの有無はそれほど関係ありません。自分で手続きができる程度の信用が必要ということです。

ビジネスマンなら自国で作ったカードを持っている人がほとんどだと思います。そのカードが国際規格のものならそのまま日本用に切り替えることができる可能性もあるのでまずはカード会社に問い合わせてみるといいですね。また国際結婚をして日本人の配偶者がいる場合は配偶者のカードの家族会員制度を利用して家族カードを作るのが一番スムーズでしょう。この場合支払いは本会員である配偶者が行うことになります。日本のクレジットカードは勿論日本の銀行口座からの支払いになりますので前もって口座を開いておくことも必要ですからそれほど日本で作った自分のカードにこだわらないのなら一からカードを作るのでなくそういった方法をとるのもいいでしょう。また短期留学生なら母国で作ったカードを持ってきて使った方が手っ取り早いでしょう。支払いが母国の銀行からになるのでレートの関係で支払う金額が変わってしまうのがネックですが日本で銀行口座の開設・解約の必要もないので帰国する際に手間がかかりません。

外国人も日本人もそのカードに足る信用があればカードは作れます。とはいえかえって手間が増えるようなカードを持つ必要もありませんから自分に合ったカードを無理なく持つようにしましょう。