セキュリティ万全のicチップ付きカード

セキュリティ万全!Icチップ付きクレジットカード

数年前からクレジットカードやキャッシュカードにicチップが付くようになったのをご存知ですか?カード表面についている小さくて金色の四角いアレ、といえばお分かりいただけるかと思います。カードを更新する時に「icチップはおつけしますか?」と聞かれることもしばしばですが、勧められるままに付けてみたもののあの小さな金色の四角が一体どんな働きをしているかよく分からない、という人も居るのでは?このicチップをつけたカードはつけなかった場合に比べどれほど性能がアップするのかをみてみましょう。

従来クレジットカードやキャッシュカードはカード裏にある黒い帯状の部分、磁気テープに書き込間れた情報を読み取ることで入金や決済などを行います。しかしこの磁気テープはカードを通すことにより磨耗する、スキミングにより簡単に情報が抜き取られ偽造カードが作られやすい、というデメリットがありました。

しかしicチップは磁気テープのおよそ200倍の情報を記憶することが可能でさらにこのチップ自体にスキミングや偽造を防ぐ機能がついています。カードリーダーさえあればスキミングができてしまう磁気テープに比べ、情報そのものが暗号化されているicチップは情報の読み取りが困難な上、不正にアクセスされると自らの保存データを壊して情報の漏洩を守るというまさに捨て身のセキュリティが組み込まれているのです。そして万が一情報が漏洩したとしてもicチップを偽造するには専門的な知識と特殊な装置が必要なため偽造カードを作る方がお金がかかるという、組織ぐるみでも犯行に及びたくない仕様になっているのです。またicチップはカードリーダーに通さず、かざすだけでいいので磨耗しにくいことも特徴です。カードを扱う店側としてもカードリーダーの磨耗や汚れでカードを読み取らないといったトラブルもなくなり、メンテナンスの手間も省けるので効率的です。電車の改札に触れるだけでOKの乗車カードにicチップが使われるのも納得ですね。

icチップは磁気テープに比べ、膨大な量の情報を記憶することができ、演算まで出来てしまういわば小さなコンピューターです。そのためこういったセキュリティ面を強化することができ、さらにカードを使う際には暗証番号を入力することによって盗難・紛失の場合の不正使用もされにくくなっています。まだまだお店では磁気テープでの決済が主流ですがicチップの時代もきっともうすぐ。自分のカードにicチップを搭載することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?