リボ払いを先払いするメリットと方法

クレジットのリボ払いは先払いができる!そのメリットは?

クレジットカードのリボルビング払い、通称リボ払いは通常後払いですが先払いできることがご存知ですか?先払いすることで通常のリボ払いにはないメリットが生まれます。リボ払いの特性、そして先払いのメリットと注意点について見てみましょう。

クレジットカードのリボ払いとは、毎月決まった額を支払っていく方法です。どれだけ買い物をしても毎月決まった金額だけを支払うので月々の支払い額が変わらない反面、買い物が増えても決まった額しか返済できないのでどの買い物の返済が済んでいて、どの支払い残高があといくらあるのかが把握しにくいといった難点があります。しかし最近では月々払える範囲で無理なく支払いが出来ること、月々の支払額が固定されているのでお財布具合を把握しやすいということでリボ払い専用のカードもあるほど人気の高まっている支払い方法です。

人気のあるリボ払いですが、カード払いである以上、やはり金利手数料がかかります。特にリボ払いは大きい買い物をしても月々の枠内でしか返済が出来ないので支払い期間が伸びれば伸びるほどその分の金利がかかってしまうこと。そしてどの買い物にどれだけ金利がかかっているかが把握しにくいのが難点です。安売りセールでお得だからと買ったテレビが金利を含めれば少し待ってから買った方が良かった金額に…なんてことになっては残念です。

そういった支払いにかかる金利手数料は先払いをすることで節約することができます。先払いをするためにはカード会社の許可が必要なのでまずはカード会社へ先払いの申請をしましょう。電話で先払いをしたい旨を伝えればほとんどのカード会社で受け付けてもらえます。先払いを受け付けてもらえる場合そこからちょっとした審査がありOKということなら許可がおります。振込先と振込金額、振込期限の連絡が来るのでその期限内に金額を振り込めば完了です。ここで気をつけることは、先払いの場合一括払いが基本です。例えば100万円の買い物のうち50万円だけ先払いしたい、という事は受け付けてもらえません。またカード会社に受け付けてもらえても既に銀行が引き落としてしまった場合は先払いができなくなってしまうので、先払いを決めたら早めに申請しましょう。

リボ払いを先払いするメリットは金利手数料の他にカードの限度枠がその分空く、というものも挙げられます。分割払いにばかり頼るのでなく、手持ちに余裕があるのなら今後の買い物のためにも先払いをしてみてはどうでしょうか。