クレジットカードで挙式する際の準備

結婚式の費用をカードで払いたい!どんな手続きが必要?

長い人生において大小様々な買い物をしますが結婚はその中でも五本の指に入る大きな買い物だと言っても過言ではないでしょう。バブルが弾けて地味になったとはいえ現在でも結婚式の費用は平均で300万円から350万円かかるといわれています。さらに新婚旅行にも行こうとしたら400万円程度かかることになるのですから人生トップクラスの出費でしょう。人生に一度のことだから妥協はしたくないしゲストにも失礼のないようにしたい。しかしこれからの生活もあるし…と考えれば夢と現実の狭間で頭を抱えてしまいそうですが、挙式費用をクレジットカードで支払ってしまえば支払いにも今後の生活にも多少の余裕を作ることができます。またクレジットカードで支払うことでポイントがつくので、支払額の1%がポイントになるとすれば3万ポイント、1ポイント3マイルで交換すれば9万マイルになると考えればアジア近隣かハワイならポイントで新婚旅行へ行けてしまいそうですね。また大きい結婚式場なら結婚指輪やブライダルエステなどもまとめて支払ってしまえばますますポイントがつき、お得に挙式ができそうです。クレジットカードで挙式費用を払う際にはどんな準備がいるのでしょうか。

クレジットカードで支払いをする場合、挙式の半年前までには準備をしておくことが必要です。まずは大前提としてクレジットカードが使える式場であることが挙げられますので、最初に確認しておきましょう。使えるカードも確認したら使うカードの上限を上げておきましょう。結婚を機にカードを持つということですと契約初年度は上限が低めに設定されてしまうことが多いため、事前にカード会社に「結婚式で使いたい」旨を伝えて300万円程度まで上げてもらえるようにしておきましょう。カードにはウェディング特典付きのものもあるのでそういったカードを利用してもいいですね。またウェディングプランの中には現金払いで挙式をする場合のみのプランや割引特典もあるので自分の挙げたいプランがクレジットカード払いでも可能かチェックしておくことも必要です。

最後に注意点として、クレジットカード払いにすると式が高額になる傾向があるそうです。某結婚情報誌のアンケートの「結婚式で無駄だったと思った出費」は「テーブルの花火などの過度な演出」「多すぎるお色直し」が挙げられ、逆に「こだわって良かった出費」は「ゲストの料理」などゲストのための出費なのだそう。納得の価格で素敵なお式があげられるといいですね。