根人事業用のカードを持つメリット

個人事業主ならカード2枚を賢く使い分けるべし!

脱サラ、という言葉が聞かれるようになって久しい昨今。自分で事業を立ち上げた、という話を聞くことも多くなりましたね。ところで個人で事業を始める場合、事業用の口座とともに事業用のクレジットカードを作っておくと大変便利です。プライベートのお財布と経費を混同してしまうと普段からマメでない限り決算で泣きを見ることになりますが、事前にお財布を分けておくことで資金の流れの把握、決算の清算が簡単になるなどメリットが多くあります。

仕事とプライベートの財布を分けずない場合、仕事に必要なものを購入した時のレシートをとっておいて、それを見ながら帳簿をつけるという方法で経費を算出するのですが、これはレシートをとっておく煩わしさと、帳簿にひとつひとつ記載しなくていはいけない手間、また細々と1日に何度も買い物をした時や1枚のレシートに仕事用の買い物とプライベートの買い物が混ざった時などは帳簿をつけながら何が何だか分からなくなってしまうことも多々あります。しびれを切らして「もういい!これは経費じゃないことにする!」と経費に計上しないのは勿体無いですし、「また時間がある時にやればいいや」と決算までそのままにしておいて期限直前に領収書の山の中で地獄を見る、なんて恐ろしい目にもあうこともなるべくなら避けたいものです。

しかし事業用のクレジットカードを作り、支払いを全てカードで行うようにすれば毎月届く明細だけで決算書類ができますし、税務調査もその明細をとっておけばいいので便利です。明細を見れば何にいくら使ったのかもわかりやすいので経費の管理も楽ですしクレジットカードを使うことでポイントが貯まるも一石二鳥ですね。

反対にカードを持つデメリットはどんなものがあるかというと基本的に数千円の年会費がかかることです。しかしこれは年会費無料のカードもあるのでそういったカードを使えば問題ないでしょう。それから事業用クレジットカードを作るという事は手持ちのクレジットカードが増えるということになるので持っている枚数によっては住宅ローンやカーローンなど、大きなローンを組む時に影響してくることがあります。またプライベートで買ったものが意外と仕事に役立つものであった場合に経費の方に入れにくいこともデメリットとしてあげられるでしょう。

事業用とプライベートのクレジットカードを分けるメリット・デメリットについて挙げました。財務管理は事業の要です。自分に合った方法で管理することが大切だと言えるでしょう。しかしクレジットカードは誰でもすぐに持てるものではありません。開業したばかりの個人事業主だと実績がないので審査に通りにくいこともありカード自体が作れないこともありますのでまずは出来る方法で資金の管理をすることが大切ですね。