ボーナス払いが出来ないお店の事情

カードのボーナス払いがお店によっては使えないワケ

コンビニなどで買い物をした時にボーナス払いを断られたことはありませんか?リボ払いもボーナス払いもできるはずのカードなのに「当店はボーナス払いを取り扱っておりません」と言われると「面倒臭がってるのか!職務怠慢か!」とイライラしてしまいそうですがこれはカード払いが面倒だから断っているのではなく、お店なりの理由があるのです。

ボーナス払いを取り扱うか扱わないかは店側が加盟店契約をする際に決めることになっています。クレジットカードを利用して買い物をするとその伝票がカード会社に送られて半月締めで処理がなされ、その数日後に店に入金、という流れで店側にお金が入るのは翌月ぐらいになります。その間の金利は店とカード会社の負担になるのですがこれがボーナス払いになると当然金利を負担する期間が長くなりますよね。例えば7月にボーナス払いで買い物をすると11月末に締めて12月に入金されます。この4ヶ月間、店側は商品を売ったもののお金は入ってこない、しかしその期間の金利は負担しなくてはいけない、ということで資金繰りと金利を考えるとボーナス払いは受けかねる、となるのです。

逆に大型家具や貴金属、旅行会社といった十万円単位の大きなお金が動くところならボーナス払いを設定しているところが多いでしょう。その方がお客さんも支払い方法の選択に幅が出来るので買い物がしやすくなることで店側にも利があるためです。しかし普段買い物に行くような細々としたものを売っている店舗の場合はデメリットの方が上回るので取り扱ってない方が一般的です。さらに言えばコンビニのような小さな店舗の場合は一括払いしか取り扱ってない、ということも特異なことではありません。「お財布がピンチだから一括は困る!」と言われても店側だって困るのです。

このようにボーナス払いやリボ払いが出来るかどうかはお店によって違います。もし支払い方法があらかじめ知りたいならお店の人に聞いてから買い物をした方がいいでしょう。また決済方法が書かれたステッカーがレジに貼ってある店舗もありますからそれを見て確認するのもいいですね。

ハイソな高級店ならいざ知らず、庶民的な店はアルバイトの学生さんがレジに立っていることもあるでしょう。お店側が設定したカード決済の事情などアルバイトはいちいち知らないでしょうから「なんでボーナス払いできないんだよ!」などと突っかからず、「じゃあ一括払いで」とカードを持つ大人の余裕でスマートに振る舞えるようにしたいものです。