前払いできるクレジットカード

前払いできるクレジットカードが登場!通常のカードとの違いは?

クレジットカードはご存知の通り後払いです。例えばどうしても欲しいものが見つかったけれど今はお財布に余裕がない、そんな時にクレジットカードがあれば欲しかったものもすぐに手に入るし代金も銀行口座から引き落とし日に支払いがされるからお財布も安心です。この便利さがクレジットカードのメリットです。しかしクレジットカードはその便利さから慣れてしまうとつい使い過ぎてしまって気づいたら口座が空っぽ、カード会社から「引き落としできませんでした」と電話をもらって慌てて入金、なんてことにも。しかし前払いができるプリペイドカードやデビットカードならばそういった使い過ぎを防止することができます。

前払いできるカードというと最近普及してきたプリペイドカードを最初に思い浮かべる方も多いでしょう。プリペイドカードはあらかじめカードに入金されている金額内で買い物などの支払いができるカードです。使い捨てのプリペイドカードもありますが、電子マネーのようにチャージして繰り返し利用できるものも多くあります。コンビニや大手スーパーで販売されており、基本的に申し込み不要で使えて買い物金額に応じてポイントが貯まるものもあります。カードにチャージされている分しか使えないので使いすぎを防げること、またチャージできる金額も1000円から5万円までとそれほど大きくないので学生やカードを持つのに抵抗のある主婦層に人気です。しかしプリペイドカードではクレジットカードの使用枠に比べれば遥かに小さいので家具などの大きい買い物はできないこと、またチャージするのを忘れてしまうといざという時も使えないというデメリットがあります。

後払いでなく大きい金額でも買い物ができるカードというとデビットカードがあります。数年前、導入された時に話題になりましたが当時はカード払い自体があまり定着していなかったこともありそれほど普及しませんでした。しかし今ではカード払いも生活に定着してデビットカードが使える店舗も増え、またデビットカード自体も使いやすくなっています。

デビットカードはクレジットカードのような翌月引き落としという形ではなく、カードを使うと同時に直接銀行から支払う形になります。ですから引き落とす銀行の口座にある金額までしか使えないので使いすぎて気づいたら利息を支払わなくてはいけないことに、ということにはなりません。口座のキャッシュカードと暗証番号をそのまま使うことができるのがメリットですがレジで暗証番号を入力する時に銀行のATMのように囲まれているわけではないので他人に知られないように気をつける必要があります。

クレジットカード以外の選択肢も増えて、今後はさらにカードでの支払いが便利になりそうですね。あなたならどのカードを使いますか?