公共料金のクレジット払いは得か損か

公共料金をクレジットで支払うのはお得?損?

インターネットや携帯代などの固定料金をクレジットカードで支払う人が増えていますが水道代やガス代などの公共料金もクレジットカード払いができるのをご存知でしょうか。毎月出て行くこれらの生活費をクレジットカードで支払うことで色々なメリットがあります。

クレジットカードで支払うメリットといえば払い忘れがなくなることも挙げられますが、やはり一番はポイントが溜まることです。マイルに交換したり電子マネーにチャージしたりと、欲しいものに交換できてお得なイメージがありますが気をつけたいのは今まで口座引き落としにしていた場合カード払いにすることで割引特典が受けられなくなってしまうものがあることです。例えば水道代ですと月に50円程度の割引特典があります。年間600円の割引だと大きいか小さいか意見の分かれるところですが、他にも口座引き落としなら年間1800円の割引が受けられるものもあります。またカードによっては公共料金の支払いができないものや、支払いは可能でもポイントがつかないものもあるので注意しましょう。カード決済に手数料がかかる会社もあるのでポイントより手数料の方が大きかった、なんてことにならないように手続きをする前にまずは自分の持っているカードを調べておいたほうがいいですね。

公共料金をクレジットカード払いにする場合の手続きは支払い先毎に行います。申し込み方法も支払先によってウェブでできてしまうものもあれば、資料を取り寄せて郵送で申し込まなくてはいけないものもあります。手続きの方法はカード会社のホームページから簡単に検索・申し込みができるようになっていますのでまずは利用するカードのホームページを見てみましょう。支払先が多い場合、全てを一度に切り替えるのは大変ですが、同じようにカードを切り替える時も大変です。ですからまずは支払いに使うカードをよく考えて決めてから申し込みましょう。

カードの有効期限が切れた場合は支払先によって手続きが変わります。自動的に更新をしてくれるところもあれば新しいカードになるたびに更新が必要なところもあります。うっかり支払いができなくなっていた、ということでは大変なので事前に確認しておくことが必要ですね。

ポイントが貯まり手間も省けて便利な公共料金のカード払い。しかし場合によってはちょっと手間がかかるものや口座引き落としの方がお得である場合もあるのでクレジットカード決済を検討する場合はまず自分の自治体、手持ちのカードを調べてみる必要があります。