タクシーがカード払いをしたがらないわけ

聞いて納得。タクシー運転手がカード払いを嫌がる理由

タクシーの乗車料金もクレジットカードで支払いができることはご存知の方も多いはず。でもいざカード払いをしようとして断られた経験がある方も少なくないはず。勿論カード払いが可能である以上受け付けてもらえないのはおかしいのですが、どうしてドライバーはカード払いを積極的に受けてつけてくれないのか。理由は「手数料」と「道路の状況」にあるようです。

タクシーの乗車料金に限らずカード決済には手数料が発生します。タクシーの場合、全ての会社というわけではありませんがその手数料を負担するのはタクシードライバーになります。決済額の3%、高いカードなら8%程度が手数料になるので短距離で運賃が安かった場合はほとんど利益がなってしまいます。長距離の場合でも金額に応じて手数料は高くなってしまうので旨味が少なくなってしまうのです。ですからドライバーの本音としては基本現金払い、2000円以内ならなるべく現金で払ってほしいそう。短距離しか乗っていないのに財布の中に1万円しかない場合など、利用する側はお釣りの手間を考えると現金払いをためらってしまいますが、ドライバーからすればそれでも現金払いの方がいいのです。

また清算する場所がすれ違いできないような細い道など長時間停車できない場所の場合に難色を示すことが多いようです。現金で支払うのに比べカード払いは長いと2~3分かかります。カードに慣れないドライバーやカードリーダーの調子が悪いときなどエラーが頻発してさらに時間がかかることも。その間に前方や後続車からクラクションを鳴らされ続けたらイライラしてしまうドライバーの気持ちもわかるような気もします。

とはいえ客側がドライバーに気を使うのもおかしな話です。相手が「カード払い可」としているのなら遠慮することはありません。しかし降車時に手間取ってしまうのは利用する側としても避けたいもの。ですからカードを使う際は最初にカード払いの可否を改めてドライバーに確認するといいでしょう。また精算時はドライバー任せにしないで自分でカードリーダーに通すことでエラーを防ぐこともできます。また事前にカード払いを伝えておくことでドライバーも降車時に車をつける場所を考えられるのでいいのではないでしょうか。タクシーを呼ぶ場合なら、カード払いが可能な車をお願いするのも手ですね。

しかしこちらが気をつけてもどうにも態度の悪いドライバーがいるのも確か。そういう場合は会社にクレームを入れてサービス向上に一役買っても罰は当たらないと思います。